びっきトピックス
お知らせ

2021/03/11 東松島市での公演はたくさんの皆様のおかげで無事に終了致しました。ありがとうございます。
東日本大震災から10年。『虹を架けよう』にお寄せいただいた感想をアップ致しました。→『虹を架けよう』感想
2021/02/20 『東北応援LIVE in ひがしまつしま』【Streaming+(配信)】のチケット情報(Streaming+) → 2021/02/26より イープラスにて受付開始
東北応援LIVE in ひがしまつしま
コロナ禍により、入場者数を制限しての開催となりましたので、【Streaming+(配信)】を行うことと致しました。チケットをオンライン予約・購入していただければ、ストリーミング放送をパソコンやスマートフォンなどでお楽しみいただけます。是非、視聴環境を御確認の上、イープラスにてストリーミング放送視聴のための視聴券をお買い求めくださいますよう、お願い申し上げます。
「東北応援LIVE in ひがしまつしま」~東日本大震災から10年、故郷に虹を架けよう~
イープラスでの受付開始日時
2021年2月26日(金) 10:00 → イープラス受付ページ
視聴券
3200円 ※2日間公演通し券はありません。両日共にご視聴の場合は、それぞれの視聴券をご購入ください
配信開始日時 及び 視聴可能期間
2021年3月6日(土)公演分 3月6日(土) 16:00 ~ 3月12日(金) 23:59 まで
2021年3月7日(日)公演分 3月7日(日) 14:00 ~ 3月13日(土) 23:59 まで

2020/12/17 『東北応援LIVE in ひがしまつしま』抽選終了
 
東北応援LIVE in ひがしまつしま東北応援LIVE in ひがしまつしま
『 東北応援LIVE in ひがしまつしま 』チケット購入に多数の皆様にご応募頂きまして、御礼申し上げます。
応募者多数のため12月16日に東松島市コミュニティーセンターにて抽選会を行いました。
  • 3月6日(土) 応募総数 212通
  • 3月7日(日) 応募総数 350通
以上で御座いました。
  • 各公演の入場者数が限られているため1公演はがき1枚2名様でお申し込み頂き、重複応募を無効とさせて頂き、また、 記載不備、料金不足等の応募はがきを除いた応募総数で御座います。
  • 当選結果につきましては、代表者様へ今年中にお知らせいたします。
  • 当選結果の電話でのお問い合わせにはお答えできませんのでご了承下さい。

2020/11/01 『東北応援LIVE in ひがしまつしま』開催のお知らせ → 申し込み詳細
 ※各画像はクリックすると大きな画像が別途開きます
東北応援LIVE in ひがしまつしま
「東北応援LIVE in ひがしまつしま」~東日本大震災から10年、故郷に虹を架けよう~
開催日
2021年3月6日(土) 16時開演、7日(日) 14時開演 2日間公演
場 所
東松島市コミュニティーセンター 多目的ホール
〒981-0503宮城県東松島市矢本大溜1-1
主 催
アクション・スクエア みやぎびっきの会コンサート実行委員会
共 催
NPO法人東松島市芸術文化振興会・石巻子ども劇場
後 援
東松島市・河北新報社・tbc東北放送・仙台放送・ミヤギテレビ・KHB東日本放送・エフエム仙台・石巻日日新聞社・三陸河北新報社(石巻かほく)・ラジオ石巻FM 76.4
協 力
東野ひろあき(構成・演出)みやぎびっきの会
問合せ
びっきの会コンサート実行委員会事務局 ☎ 090-6255-9212 平日14:00~19:00まで
なお、電話繫がりにくい場合がございますので、ご了承下さい。)

2019/02/20 【協力者名簿最終更新】びっきこども基金は2019年2月20日に残金ゼロとなりました。ここまでご支援いただきました皆様に心からお礼申し上げます。 >> 名簿  募金総額
--- 公演のお知らせ ---  

2021年3月6日(土)、7日(日)に東松島市にて「東北応援LIVE in ひがしまつしま」が開催されます!
  • チケットのご予約方法は往復はがきのみです
  • ご予約が可能な方は、宮城県在住の方に限ります
  • 未就学児の入場はできません
  • 申し込み方法をよくお読みいただき、申し込み締め切り12月10日(木)消印有効に間に合うようにお申し込みください(応募者多数の場合、抽選となります)
東北応援LIVE in ひがしまつしま
東北応援LIVE in ひがしまつしま
東北応援LIVE in ひがしまつしま

お知らせ

一般社団法人みやぎびっきの会 閉会のご挨拶

『あの悲しみの3月11日。
私たちは涙しながら現実と向き合わなければなりませんでした。

変わり果てた故郷の大地に言葉もなく呆然と立ち尽くし、
身内を失いつつも気丈に現実を受け入れようとする、
どれだけの被災地の人たちとお会いしたことでしょう。

今を生きることの辛さ苦しさを感じつつ、夢を失いかけて立ち止まってみる。
それでも諦め切れずに夢に向かって重い一歩を踏み出そうとする子どもたち。

私たちが動き出したのはその時だったのです。』
 
来年、南から風を感じる頃には、あの震災から8年目を迎えます。

震災の直後に予定されていた私たち「びっきの会」のコンサートは当然中止となり、私たちの意思は即刻支援の方向へと向かったのです。

被災地の行政も大混乱する中、社団法人化し基金を立ち上げることにより、より広く全国の皆さんから義援金を募る事が可能となり、私たち独自の調査を基に即時な支援に入ることが出来ました。

あっという間の7年が過ぎました。
(この間の私たちの支援足跡は全てホームページにアップしております)

振り返ると支援の一つ一つがハッキリと想い起こされてきます、その時の被災地の背景と共に・・・。と同時に、これまで熱い想いで私たちの活動を長きに亘り支援してくださった、多くの皆さんには感謝してもし尽くせないほどの思いでいます。

この度、「一般社団法人 みやぎびっきの会」を閉会とすることとしました。

被災地の子どもたちに特化した支援を旗印にやってまいりましたが、7年が過ぎ、被災地の子どもたちの環境も、行政の姿勢も当時とは比べるべくもなく、私たちの初期の目的は充分に果たせたとの判断です。

これからは震災以前の任意団体として「びっきの会」に戻り、お互いの友情を大切にしながら、ふるさと宮城に少しく寄与していく思いでおります。

これまでの皆様からの長く且つ熱いご支援に衷心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。

向寒、皆様におかれましてはお健やかに過ごされますよう心よりお祈り申し上げます。
 
 
2018年12月吉日
代表理事 さとう宗幸
理事  稲垣潤一
小柴大造
小川もこ
遊佐未森
山寺宏一
 

 
 
 これまでたくさんの方々に「一般社団法人 みやぎびっきの会」を応援していただきました。感謝の気持ちでいっぱいです。

 ふるさとに恩返しを、という思いから宮城に所縁のあるメンバーで最初は年に一度のコンサートを宮城県で開催しておりました。それは自分たちを育ててくれた故郷を思うシンプルな皆の気持ちからだったと思います。

 東日本大震災があり、びっきのメンバーで何度も何度も話し合いを繰り返し、子どもたちに特化した支援活動をスタートさせることに決めました。何もかもが初めてで手探りではあったものの、それまでの6年間共に活動してきた積み重ねがあったことでメンバーそれぞれが得意な分野を生かしながらやってくることができたように思います。

 そんなわたしたちの活動を多くの皆様に応援していただいたのは、とても心強く有難いことでした。

 一般社団法人は解散することになりますが、メンバーそれぞれが故郷を、東北を思って活動していきます。

 これまでのご支援、ほんとうにありがとうございました。
 
 
遊佐未森
 

事務局からのお知らせ

日頃より一般社団法人みやぎびっきの会の活動にご理解と多大なるお力添えを賜り心より感謝申し上げます。12月の臨時理事会におきまして、2019年3月末をもって一般社団法人みやぎびっきの会の閉会が決議されました。

「びっきこども基金」の仙台銀行口座・ゆうちょ銀行口座につきましては、2019年1月末をもって閉鎖させて頂きます。今後は、「びっきこども基金」の銀行口座への振り込み、ご寄付はご遠慮させて頂きます。

今まで皆様から東日本大震災の被災地の子どもたちへの温かいお気持ちを賜りましたことに感謝申し上げます。

現在、「びっきこども基金」に皆様からお預かり致しております支援金につきましては2019年3月末まで支援活動を続けさせて頂き、未来へ羽ばたく「おたまじゃくし」たちのために役に立たせて頂きます。

尚、活動報告及び収支報告は一般社団法人みやぎびっきの会ホームページにてご報告させて頂きます。

2018年12月吉日
一般社団法人みやぎびっきの会  事務局

びっきこども基金 募金総額募金総額(支援合計・銀行残高)
びっきこども基金協力者名簿2011年度~現在
支援状況びっきこども基金運用リポート
トップページの過去の記事はアーカイブにてご覧戴けます

みやぎびっきの会とは

「びっき」とは、宮城弁で「カエル」のことです。

ふるさとに「帰る」、恩を「返す」、元の姿に「還る」・・・地元のオタマジャクシたちを育てようといった思いを込めて、「ふるさとに恩返しがしたい!」と宮城県ゆかりのアーティスト達でみやぎびっきの会をつくりました。

みやぎびっきの会は「Dream Chain」というチャリティ・コンサートを、2005年から毎年、宮城県内で開催しています。宮城県ゆかりのアーティストたちの「ふるさとのために何かしたい!」という思いを形にしたコンサートで、ここで得た収益金は、宮城県内の小・中学校の吹奏楽器リペア(修理代)として寄付してきました。(舞台では、みやぎびっきの会のメンバーとリペアした楽器を持ったこどもたちとの競演も行って参りました。)

2005.12.28 Dream Chain ♪ ~ 子ども達に夢を ~ 2005
2006.12.14 Dream Chain ♪ ~ 子ども達に夢を ~ 2006
2008.01.26 Dream Chain 2008 ♪ ~ 子ども達に夢を ~ supported by MJQ WEDDING
2008.08.21 岩手・宮城内陸地震緊急支援ライブ 「 頑張れ!花山・栗駒 」
2009.02.21 Dream Chain 2009 ♪ ~ 子ども達に夢を ~ supported by MJQ WEDDING
2010.02.28 Dream Chain 2010 ♪ ~ 子ども達に夢を ~ supported by MJQ WEDDING

※ドリーム・チェインの詳細は、専用ホームページにてご覧下さい → HP


2011年も例年同様、「Dream Chain」を3月19日に宮城県仙台市で開催する予定でした。
(→2012/2/25 Dream Chain Vol.6として、延期開催致しました。)

この東日本大震災を機に、わたしたちはあらためてびっきの会のあるべき姿を真摯に話し合いました。その結果、「未来あるこどもたちの力になることがびっきの会の使命である」と考え、これまでの活動範囲から大きく広げ、被災したこどもたちを長期的に支援していくために、「びっきこども基金」を設立した次第です。

この「びっきこども基金」の運用を行うために「一般社団法人みやぎびっきの会」として、新たなスタートを切りました。

2019年3月31日、一般社団法人としての活動に終止符を打ち、東日本大震災発災以前の任意団体「みやぎびっきの会」にもどりました。

ドリーム・チェーン
虹を架けよう

 一般社団法人みやぎびっきの会
Triple Rainbow
「とりぷる れいんぼう」
11曲入りCDアルバム
宮城・福島・岩手を繋ぐ三つの虹


虹を架けよう 福島バージョン「虹を架けよう~福島バージョン~」
CDシングル


虹を架けよう「虹を架けよう」オリジナル版
CDシングル

来て下さってありがとうございます!